西国三十三カ所・観音霊場の巡礼旅日記

menu

西国三十三カ所をめぐる旅

TAG紫雲山

紫雲山 頂法寺(六角堂) 西国第十八番札所

西国三十三カ所第十八番札所の紫雲山 頂法寺は 「六角さん」の名前で、昔から京の町の人々に親しまれてきました。 創建以来、数度の火災にあった六角堂は、何度も再建され、 現在の建物は明治10年(1877年)の建造物です。 …

紫雲寺 中山寺 西国第二十四番札所

西国三十三カ所第二十四番札所 紫雲山 中山寺(しうんざん なかやまでら)は 聖徳太子が建立したとされる日本最初の観音霊場です。 安産の観音様としても有名で、全国から安産を祈る人たちが腹帯を授かりにきています。 安産だけでなく子…

紫雲山 葛井寺 西国第五番札所

西国第五番札所の葛井寺(ふじいでら)は古代氏族葛井氏の氏寺として、 7世紀後半の白鳳時代に建立されました。 本尊の十一面千手千眼観世音菩薩像は存在する千手観音のなかで 日本最古の仏像といわれています。 秘仏の観音様は、毎月1…

西国三十三カ所・京都 西国三十三カ所・近江 西国三十三カ所・南河内 西国三十三カ所・紀州 西国三十三カ所・播磨 西国三十三カ所・大和路 北摂エリア